ニキビ跡

ニキビと痕

ニキビと痕

ニキビ痕を気にする人は少なくないようです。青年期はホルモンの関係上、ニキビができることが少なくありません。
ニキビは顔にできやすい傾向があるので、コンプレックスに感じる人もいるようです。
年を取ってからも、ニキビが発生することが多いニキビですが、いつまでも痕が残るということもあります。そっくりそのままにしておけば自然治癒することがあります。
ニキビができるのは、皮膚から分泌されている皮脂や汚れの類が毛穴で腫れたり、痛みを持つためです。程度の軽いものなら、日々のスキンケアや洗顔でおいおい目立たなくなりますが、時にはそれどころではないことがあります。

 

痕になりやすい黒ニキビや赤ニキビに対しては、細心のケアをしていきたいものです。
先端に膿を持ったニキビは、大きくなって腫れやすく気になってつぶす人もよくいますが、痕が残りやすくなるので注意しましょう。人の手には雑菌が多く付いているので、ニキビをつぶすと感染症を起こし逆に悪化することもよくあります。

 

症状が進んだニキビは回復も遅くなり、痕も目立ちやすくなります。ニキビは皮膚科で治療を受けることも可能ですから、場合によっては検討してみてください。
ひどい炎症を起こしたニキビに対しては、家での手当てより専門の医院に行った方がいい場合もあります。適切な洗顔を行うことはニキビケアの基礎です。

 

ニキビと痕ニキビを潰すのはダメです!のトップページに戻る

 


ホーム RSS購読 サイトマップ