食生活、ストレスとニキビ

食生活、ストレスとニキビ

食生活、ストレスとニキビ

ストレス軽減物質セロトニンの活性化がカギです

私はニキビに長年悩まされています。
今でも時々ニキビができてしまうことがよくあります。主にストレスが溜まった時や食生活が乱れている時、そして睡眠不足の時です。
 この三つはかなり大事でどれか一つが欠けてもニキビが出来る原因となります。
特に睡眠不足はニキビができやすいです。睡眠時間だけではなく寝る時間帯も大事です。人間は夜10時くらいから肌のターンオーバーが始まります。古い細胞から新しい細胞に変わる瞬間です。それに早く寝ることは早起きにもつながります。ニキビ予防だけではなく、健康的な暮らしを過ごすことができます。
 また睡眠時間の確保、睡眠リズムの規則化はストレスの軽減にもつながってきます。朝、起きた瞬間に朝日を浴びることはストレス軽減物質セロトニンの活性化にもつながります。
 ニキビの予防をするということは健康を維持することと同じ意味です。健康を維持するということはメンタルの健康につながりを意味します。私は以上のようなことを心がけていきたいと思っています。

 

 

食生活、ストレスとニキビニキビを潰すのはダメです!のトップページに戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ